2018.12.14

飼い主としての自信

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

うちの子のフード選び・作りの達人になる第一歩→ペット食育入門講座開催  クリック

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

 

こんにちは^^Alegriasオーナー平岡朋子です。

 

皆さんは、ペットの食事のこと、体のこと、

病院選び、治療法選び、サプリメント選び、

サロン選び、お薬選び、ペットホテル選び、

色々な事に自信がありますか?

 

 

 

自分の判断力に、自信を持ち、覚悟を持ち、

スパッと決められますか?

 

 

 

私は、過去、大切な我が子(ペットと呼ばれる)

の事となると、常に不安を抱え、迷い、考え、

選択を間違えたくない、失敗したくない、

だって、健康でいてもらいたいから、長生きして欲しいから・・・。

そう思いながら生きていました。

 

 

でも、今は、とても自信を持ち、

選択しています。

不安ゼロ!!迷いゼロ!!では無いし、

常に、精査し続けるためにアンテナは張っていますし、

見直しもしますが、迷走はしません。

 

 

 

 

 

実は、我が家の風子さん、年齢11歳にして(秋田犬なので高齢犬ゾーン)全身麻酔で抜歯をしてきました。

経緯としては、縦に割れた歯の歯根部分の炎症があったため、抜くことにしたのですが。。。。

全身麻酔をしてもいい状態なのか?血液検査はもちろん、

獣医師にそこの判断は任せるとして、それが限りなくグレーゾーンだった場合、

最終的な判断は私たち飼い主に委ねられます

データ、画像ではわからないことがあるからです。

これは風子の抜歯をお願いした獣医さんもおっしゃっていましたし、

判断を委ねられました。

飼い主さん、こういう状況ですが、どうされますか?と。

お任せしますと言いますが、やはり獣医さんにも、

相手が生き物である以上、【絶対はない】と言うことも頭にはあるだろうし、

色々なご事情もあるかと思います。

 

 

要するに、☑️最終的には、自分が持っている知識の中で飼い主が判断するのが重要だということです。

人生は選択の連続ですね💦

 

そこで、私は、

●抜歯をすることで後の風子の体が快適になる事に自信を持っていました

●色々な状況と経験から、全身麻酔に耐えることができる状態であることにも自信を持っていました。(もちろん、生き物なので100パーセントはないですが)

●抜歯をすべきだと考える根拠を明確に持っていました。

 

 

☑️皆さんはいかがですか?何かの時、自信を持って判断できますか?

私は、ここで私すごいでしょ?とか言いたい訳ではなく・・・

私たち飼い主には、何か望むことがあるならば、判断力が必要だという事です。

それに、特に優れた能力を持っているわけでもありませんし、

獣医でもありません。

しかし、学んできたこと、経験してきたこと、これらの事で、

飼い主として適切な判断をするという事には以前より自信があります。

もちろん、絶対はないけれど。

 

 

 

我が家の風子は、2年前(9歳の時)にやってきました。

その時は、見た目にはわからないけれど、体はかなり酷使されており、

目は見えていない

耳は聞こえていない

泌尿器系、生殖器系、の病気がある状態でした。

症状で言うと、腎不全、卵巣嚢胞、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍・・・

即手術が必要だという状態でしたので、臓器の摘出手術はしたものの、

 

 

風子の快適な暮らしと健康、心地よい長寿を願う私は、

☑️病気になっている所を局所的に切り取って終わりでは無い

体の中の根本的なケアをしたい。と思いました。

もちろん、それができる獣医さんの指示➕自分の判断で。

救命と、その時の体の状況判断はかかりつけの獣医さんに、

その後のケアは原因療法の獣医師に、

そして私はひたすら選択・実践をする・・・。

こんなイメージですね。

各分野の素晴らしいプロフェッショナルのおかげで、今命がある風子です。

 

 

しかし、それだけではなく、

☑️都度都度の私の判断はとても重要だったと思います。

これまた自慢したい訳ではありません。

 

それだけ、飼い主の判断力や選択は

影響があるんじゃないかと思います。

 

 

 

だって、

この症状・状態は体からの何のサインなのか?

何を食べさせるのか?

こんな時どうしたらいいのか?

私が望む結果に繋がる治療法は何がベストなのか?

今手術してもらうべきなのか?

今、何を最優先するべきなのか?

 

 

☑️その選択は私たち飼い主がする

今年11歳の風子に全身麻酔をして、歯を抜くことが必要なのか?

この判断も、最終的な決定は飼い主である私がするのです。

もちろん、事前に血液検査をし、獣医師の判断ありきですが、

全てを決めてくれるわけではありません。

最終的に、私たち飼い主に判断が委ねられるわけです。

 

だから、自信を持てず、不安や迷いから、ご相談に来られるのだと思います。

私も同じですから、とてもよくわかります。

しかし、獣医さんの指示に従ったとして

(病気の相談には、私は、獣医師ではないためお応え出来かねます)

何かが起きた時、後悔しませんか?

 

 

 

それに、病気時の判断は、自分の子にはできても、

私にはできません。状態がわからないからです。

獣医でないからです。

経験をお伝えすることはできても、責任も取れません。

 

ですから、そうなる前の転ばぬ先の杖はとても大切だと思うのです。

 

後悔しないのならいいのだけれど、自分に自信が無いまま

不安なまま、理解できていないままだと、後悔につながる事だってある。

だからこそ、自分の中の整理と、

本質的な理解が必要なのでは無いでしょうか?

 

☑️選択の決め手は、目的が明確であることも大切

高齢である愛犬に、全身麻酔をしてまでも抜歯をしなければいけないのか?

何もそこまでして・・・

そんな意見もあると思います。

もちろん、そこまでしません!と言う意見を否定することも無ければ、

悪い歯は全部抜くのが正解だ!とか言うわけでもありません。

 

手段・方法はいく通りもあり、何が正解かなど誰にも測れないからです。

 

でも、これは私が望むことなので、否定されることでもありません。

望んでいるか?いないか?の違いかと思います。

そして、私は、手段・方法は、結果が出ているか?を指標に選びます。

 

【ただの長生きではなく、快適で幸せな生の質を望んでいる私たち親子】にとっては、

口の環境、体の健康状態はとても大切です。

そして、この選択には、明確な理由・根拠があります。

全ての犬猫が健康を望んでいるかどうかなどわかりませんが、

私たち親子には、【心と体が健康であること】、その上にある【生】が大切。

身体的にも精神的にもストレスフル・苦痛大で生きるより、それを望みます。

だから、それに影響があるであろうものは解決する。

過去、大きく後悔したことから、今はそう願っていますし、実践します。

 

もちろん、100%命を落とすのであればそんなことしません。

でも、この判断には自信も覚悟もありました。

 

 

 

そして、全身麻酔から元気に帰ってきた風子に、笑顔でおかえり^^!と言う事ができ、

待ってる間も、安心して待つことができ、

帰ってきてからは、身体が本調子になるべくケアができる。

これは、私が学びを深めてきた結果だと思います。

 

 

 

ですから、

学びを深める、知らないことを知ろうとする、選択肢を豊富に持つ

これらは、何かを選択する状況になった時、必ず役に立つことで、

☑️学びの時間=我が子の健康への投資

なのだと思います。

 

無駄な学びなんてないのですから。

 

 

どうですか?皆さんは、自分の我が子のこと。。。。

人任せにしますか?運に任せますか?

それとも、何かを望み、自分で努力しますか?

 

 

 

努力する派の方には、まずは、こちらをご紹介します。

↓↓↓↓↓

我が子の健康の貯蓄 Alegrias健康のための口内ケア基礎講習

この受講は、健康を願い、結果が欲しい人にお役に立てることは間違いありません。

もう情報に振り回されない!我が子の食事選びのための基礎 ペット食育入門講座

この受講は、食事の事についての判断力と自信の向上に役立つ事は間違いありません。

私も、過去、食事の事で迷っていた時、ここ⇧で学びの修正を行いました。

 

風子さんは、術後も元気に走っています!!^^

 

 

ああ、この可愛い後ろ姿😊

私は、この子たちに何ができるのかな?色々できることはある。

ブランドのバッグもいらない。高級車もいらない。何もいらないから、我が子たちの健康を願う。

だから、お家で、私たち飼い主ができる事はしたい。

老いは止められないけれど、遅らせることはできると信じている。

寿命は変えられないけれど、生の質は高めることができると信じている。

そう、その未病の段階でのケアは最高の転ばぬ先の杖になり、我が子の体の基本になるのだから。

 

 

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

うちの子のフード選び・作りの達人になる第一歩→ペット食育入門講座開催 クリック

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

————————————————————————————————————-

●愛犬・愛猫の家庭でのヘルスケアを学ぶ(ペットの手作りごはん、ペットの歯磨き、ペットのスキンケア等)
Alegriasオーナーによる個別相談の一例
↓↓↓↓↓↓
http://alegriasdog.com/alegrias_food_4/


★個別相談お申し込みはお電話・メールにて
● 097-510-9423
● info@alegriasdog.com
————————————————————————————————————
●ペット食育協会®認定  平岡朋子の監修する
ペットの手作りごはんAlegriasfoodについて・ご購入はコチラ→http://alegriasdog.com/alegrias_food_3/



●須崎動物病院大分移動式診療の予約申し込み、お問い合わせは直接お願い致します。当日Alegriasは、須崎動物病院患者様への貸切状態となります。ご理解・ご協力お願い申し上げます。
須崎動物病院Webページ・予約申込はコチラ→http://www.susaki.com/
●歯磨きや、犬猫のごはん、おうちケア、色々な困ったは学びで解決してみよう→http://alegriasdog.com/schedule/
●大分市の心と体に負担をかけないトリミングは予約制です→http://alegriasdog.com/trimming/
●お誕生日はとても大切で特別な日。まるで食事のようなデコレーションケーキでお祝いを→http://alegriasdog.com/organic/
●体の不調の根本原因を探る、上質な予防をする ペットの原因療法についてはこちら→https://www.facebook.com/pet.causal.therapy/
●大切な家族のペットホテルを大分市でお探しの方へケージフリーのペットホテルお預かり→http://alegriasdog.com/corazon/

 

Archive

2018年12月

  1. フワフワを守り隊

reserve&contact 097-510-9423 AM10:00→PM18:00
web shop