2020.01.31

肉球がパサパサじゃない老犬

こんばんは^^

 

Alegriasオーナー平岡朋子です

 

SNSを見ていると、肉球のパサパサ問題が結構多いんだなぁ・・・ということを知りました

 

 

肉球がパサパサになる・・・

肉球が切れて(人間のあかぎれのように)痛そうにしている

肉球がガチガチになって(人間のかかとのように)ひび割れて来た・・・

 

こんな感じでしょうか?

 

当店でもたまにこんなお話を聞きますが、Alegrias流解決策は

 

肉球クリームを塗る

でも、

肉球用にアロマオイルとキャリアオイルとか蜜蝋で舐めても安心なケア用品を作る

でも、

それらをお勧めするわけでもありません。

 

 

もちろん、それはそれでいいのですが、肉球がプリンとしていない理由をさておいて、表面だけ取り繕うのは後々厄介なことを招く可能性もあるということだけは理解しておくことから始まります。

 

 

肉球パサパサになぜなるの?

 

この視点を忘れてはいけません。

 

 

ですから、Alegrias流解決策としては

 

体のめぐりをアップさせることを意識しましょう!!

 

となります。

 

それは、体のめぐりが悪く、血流がスムーズにいかなくなることで肉球パサパサ問題が生じることがわかっているからです。(須崎動物病院診療現場情報)

 

3年前、診療現場でそんなお話を聞いて体の仕組みと体のめぐりという視点で考えると、超納得したことを覚えています。また、我が家の子達が肉球パサパサ問題と無縁であることからも、不特定多数の体調のいい子、悪いこ、未病の状態の子と見て来た経験からも超納得しています。

 

我が家のじゅに14歳の肉球はパサパサしてません❤︎もちろん毎日コンクリートの上を散歩もしてます。

 

ということで、肉球パサパサ問題を解決するために、Alegrias的には体のめぐり改善だ!となるわけです。

 

もちろん手段は色々あります。

 

中でも家庭で実践しやすいのは、

☑️カリカリフードから水分たっぷりのフードに変更

 

☑️足浴

 

とかでしょうか。

 

そして、本気で根本からやりたいなら、

☑️水分豊富な食事

☑️良質な運動

☑️菌にフォーカスした口内ケア

☑️バイオレゾナンストリートメント季節パックプログラム

☑️高齢の場合は温浴

 

とかでしょうか。

 

もちろん、まだまだできることはありますが、Alegriasのお客様は大半の方がこれらをやられているので、トリミングしていて肉球がパサパサ・・・というわんこが居ない!!( ゚д゚)ということに改めて気がつきました・・・(笑)

 

 

みんなすごい!!

 

今まで知らなかった!!という方も、ぜひやってみてくださいね。

 

水分の多い食事、足浴、簡単なことから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

———————————————————————————–

☑️水分たっぷり!安全・安心な手作り食を手軽に与えたい!と思うなら、

私が我が子に食べさせたい、私が食べたいものしか作らないと約束した

獣医師認定ペット食育指導士監修 犬猫手作り健康ごはんAlegriasfood

———————————————————————————–

☑️安心してペットの手作りご飯を手抜きできるようになる!

健康な体作りの基本中の基本を知る ペット食育入門講座

☑️講座にタイミングが合わない、個別でピンポイントの質問をしたい場合は

Alegriasオーナーによるペット食育 電話相談

————————————————————————————————————————

☑️まだ若いワンちゃん猫ちゃんのオーナー様へ、

10年後の我が子の体を作る!健康を貯蓄する。

健康のための口内ケアきちんと学んで始めませんか?そして、復習も大切です!

☑️もう歳をとっていたり、既に歯周病になっているわんちゃん猫ちゃんのオーナー様へ、

もう歯周病になっていても諦めないでいい。10歳を過ぎていても始められる!獣医師による診断と処置プラスAlegrias健康のための口内ケアで健康的なシニアライフを!

 

 

Archive

2020年5月

  1. フワフワを守り隊

reserve&contact 097-510-9423 AM10:00→PM18:00
web shop