2019.01.24

ペットの後ろ足に力が入らない状態から復活する理由

【ペットの後ろ足に力が入らない状態から復活する理由】

こんにちは
Alegriasオーナー・ペット食育指導士の平岡朋子です

 

 

突然ですが、

後ろ足に力が入らない
ふらふらする
後ろ足が震える
腰を痛そうにして丸くなる

 

犬猫でもこのような症状はありますよね
特に高齢になってくると、多いようです。
当店をご利用されている飼い主さんからよくご相談をお受けします。

 

「どうやったら筋肉がつくのかしら?どうやったら老化を遅らせられるのかしら?」と。

 

もちろん、筋力の付け方なども経験からお伝えすることもしていますが、ちょっと視点を変える必要もあるのでは?というお話もさせていただく事を心がけています。

 

我が家の風子さんも、同じく後ろ足に力が入らない、運びがおかしい…
プルプル足が震えている
こんな症状を出すことがあり、

 

また、そこから回復することもあったため、
経験によりお伝えできる事があります。

 

『加齢のせいで足腰が弱くなった』
この一言ですませてもいいのかもしれませんが、それって対応を諦めてるのと同じ。

 

私はまだまだ風子に自力で歩行してほしいし、元気でいてほしい!諦めない!

 

そう思うタイプです。
ですから、『なぜ?』が始まります。

 

なぜこうなったのか?

 

誰もが予測しやすいのが筋力の低下です
歳をとり、筋力が低下した
運動不足で筋力が低下した

 

予測しやすいこれらのことは運動で対応できるでしょう。
若いうちから筋力をつけておく!これが一番の予防かと思われます。

 

でも、環境、条件が違いますから、予防は出来なかったけど、今から頑張りたい!もありだと思うのです。

 

風子の場合も、歳をとって我が家に来ましたから、それからの運動・ケア開始だし♪

 

さて、本題ですが・・・

私が、運動・筋肉・老化の問題以外を見るという視点も大切だという事をお伝えしている理由は、実体験があるからです。

 

我が家の風子は・・・
後ろ足に力が入らない・ふらふらする・まっすぐ立てない
という状態から、足腰以外のケアをして、下半身のふらつきが改善した事があります。

 

そして、下半身のふらつきがある日と、無い日があるんです。よーく観察していると、力が入る日と入らない日がある。
それって、筋力の低下や足腰の骨など物理的なものだけが原因であれば、常時同じ動きをするはずだから、別の問題があるんじゃない?と思うきっかけにもなりました。(移行期という視点もありますが)

 

ちなみに、それを頭では知っていたけど、風子の動きを見て、あぁ・・・こういう事かぁ・・・。と腑に落ちたんです。
●下半身に力が入らない
●歩行がふらつく
●痛みがあるような症状を出す
●足がプルプル震える
場合に、足腰だけに問題があるわけではないという事も想定されるのではないでしょうか?

 

くどい様ですが・・・
当店で2ヶ月に一度開催されるペットの原因療法の診療現場で、足腰以外の所に原因があるという事がわかり、そこをガンガンケアしていくと、下半身付随だった子が歩き出した!というケースを、見たことがあります。

また、中間のメンテナンスに来られるお客様のわんちゃんでも、力が入らなかったのに、しっかり入るようになったなどなんども見た事もあります。

 

食事の改善だけで、階段を登るようになったとのお話をペット食育入門講座の受講生からもお聞かせいただきました。

 

 

なので、私は我が子風子の足腰にちょっとでも異常を見つけたら、すぐさま足腰以外の所のケアにいつも以上に熱を入れるわけですが、今のところきちんと反応をして戻ってくれます。

 

その度に、ああ、知っていてよかったな。と思うわけです。

 

本来は、そうなる前に、予防として日々のケアを行うのがベストなのですけどね。

 

でも!!!私のように、

●既に老犬です。
●前は気にならなかったけど、なんとかしてあげたいんです。
●ずっと気になってたけど、何かしたことない・・。遅いかもしれないけど、今から始めたい!
色々試しているけど結果が出ないんです。

という、往生際が悪く、諦めない方に、何かしらの判断やお家でのケアや行動の材料になる情報と技術を提供させていただけるのでは無いかとも思います。

 

もちろん、病気や体調不良がある場合の治療に関しては、獣医さんにご相談くださいね。

 

足腰が弱った。。加齢のせいだ。と解釈するのもありですが、その原因はなんだろ?と、追求していくのもありだと思います。

 

また、色々知ってから、悪あがきはしないと諦めてもいいのかもしれません。

それは自由です♪

 

生き物の死亡率は100パーセント

 

死なせない、老化させないなんてできない。
だけど、生きている時間を快適に過ごしてもらうサポートはできる。私は死ぬまで元気でいたい!

 

だから、うちの子にも、死ぬまで元気でいて欲しい!と願います。もちろん、転ばぬ先の杖が一番大切。そして、転んでも諦めない!そのために色々な選択肢があるのだから。

 

でも・・・自分の限りある知識、視野だけで解釈、判断しようとすると、いくら頑張っても、どうしても限りある結果しか付いてこない(⌒-⌒; )

 

 

私自身過去、後ろ足が弱くなってきたな・・・・というわが愛犬に足腰にまつわる事や、元気が出る、免疫力を・・・マッサージを・・・等のケアを頑張っていた時期があります。結果が伴わず、時間を無駄にしたと後悔する事でもあり、今は気をつけています。

 

これは、限りある知識の中で対応しようとした結果ですから(;;)

 

だから、今は風子の下半身のふらつきに適切にケアすると、回復という結果を得る事ができます。

 

もちろん、高齢ですから、若い子みたいにはいきませんし、まだまだ勉強中です。

 

でも、どうでしょうか?このように、限られた視野、知識では解決できないことも、選択肢が広がる事で解決できることもある!と知ってるのと知らないのとでは大違いですよね^^。

 

だから、私は、我が子には死ぬまで元気でいてほしい!という願いを持ち、日々学びを深めたいと思いますし、そのために、【結果を出しているプロに聞く!学ぶ!】という事を心がけています。
あ!!ちなみに、死なないで!なんて思って無いです。もちろん、ずっと一緒にいたい。長生きしてほしいです。

 

風子の大好きな私の声(自分で言っちゃいました(⌒-⌒; ))が聞ける。風子の大好きな家族の顔が見える。風子の大好きなお散歩ができる。

 

風子の大好きなご飯を、美味しい美味しいと喜んで食べれる。風子がおしっことうんちがしたいときにできる。そんな当たり前のことを、最期まで快適にさせてあげたい。

 

そう願っています。
我が子の足腰がふらつく、痛そうである・・・・

 

こんなトラブルにお悩みである場合、足腰に視点を置く以外のケア【も】視野に入れてみるといいのかもしれません。
足腰以外の場所の体のケアについては、
●予約制対面個別相談(097-510-9423)
などでお伝えしています😄
もちろん!!!筋力トレーニングも大切ですけどね^^♪
ワッセワッセと階段を登る風子さん。愛おしくなります。ずっと元気でいて

※クリックすると、各リンク先へ飛びます。

⚪️体への健康の貯蓄Alegrias口内ケア基礎講座(2019年1月キャンセルが一件出ました)

⚪️病気に負けない体作りの基礎Alegriasペット食育入門講座入門講座は今まで毎月開催しておりましたが、口内ケア講座が度々すぐに満席になることもあり、この2019年1月の講座が終了次第、少しだけお休みします。)

⚪️食事についての電話相談も賜ります (リンク先より、お申込みください。詳細は追ってご連絡いたします)

⚪️上質なケアを求める方とワンニャンのための体ケア【バイオレゾナンストリートメント

Archive

2019年4月

  1. フワフワを守り隊

reserve&contact 097-510-9423 AM10:00→PM18:00
web shop