2019.01.24

ペットの後ろ足に力が入らない状態から復活

【ペットの後ろ足に力が入らない状態から復活する理由】

こんにちは
Alegriasオーナー・ペット食育指導士の平岡朋子です

 

 

突然ですが・・・

後ろ足に力が入らない
ふらふらする
後ろ足が震える

ピコンピコンする
腰を痛そうにして丸くなる

 

犬猫のこんな症状にお悩みの方は多いのでは無いでしょうか?

 

 

どうやったら筋肉がつくのかしら?

マッサージとか教えてもらえますか?

鍼灸がいいのかな?

と、頻繁にご相談いただきます。

 

そういった時には、経験をお話させていただいております。

 

例えば、我が家の風子さんも、

同じく後ろ足に力が入らない、運びがおかしい…
プルプル足が震えている
こんな症状を出すことがありました。

 

また、そこから回復することも多々あったことなどです。

そして、それは視点として持っていて損はないです。

 

例えば、高齢のわんこニャンコの場合は、

『加齢のせいで足腰が弱くなった』
この一言ですませてもいいのかもしれませんが、

☑️もしかしたら、加齢が原因では無いかもしれない

☑️もしかしたら、足腰だけの問題では無いかもしれない

という視点もありなのでは?と思います。

 

もちろん、
筋力の問題や物理的な骨・腱の問題だってあると思います。

 

だから、運動もマッサージも、筋力トレーニングも、

痛みを緩和してあげることも必要だと思います。

 

でも、

 

☑️我が家の風子は・・・

後ろ足に力が入らない・ふらふらする・まっすぐ立てない

という状態から、足腰以外のケアに集中して、下半身のふらつきが改善した事がが多々あります。

 

☑️そして、当店で2ヶ月に一度開催されるペットの原因療法の診療現場では、

下半身付随だった子の足腰以外のケアを真剣に行い、

その子が歩き出した!というケースを、見たことがあります。

 

 

私は獣医ではありませんから、治療はできませんが

 

足腰以外のケアも大切だという視点をみなさんと共有したい。

 

そう思いました。

 

 

具体的な方法は長くなるので、ここで語る事はできませんが、

一例としては、食事の見直しだけで、

階段を登るようになった!!とのお話を、

ペット食育入門講座の受講生からもお聞かせいただいたこともあります。

 

ちなみに、うちの風子さんが食べているご飯はこんな感じです↓↓

この投稿をInstagramで見る

写真は、犬ごはんと人ごはんです😊ほぼほぼ同じ過程で作りました😊所要時間は約20分❣️ . 明日の【ペット食育入門講座】【ペットの健康に繋がる口内ケア基礎講座】は、インフルエンザなどで急遽キャンセルが出ています※1席ずつ! . 突然だけど、予定が空いている!または行きたい!とピンと来た方はメッセージでご対応しますのでご連絡ください😊 . フードか手作りか?生か加熱か?野菜はOK?栄養バランスは? うちの子に良いのはどちら? . 人にも物事にも陰陽あるように、なんにしてもメリットデメリットがあります。 . もちろん、手作り食にもデメリットがある。 . 色々ある手段情報の中から、選択、判断するのに、それ相応の予備知識が無いと、望む結果に繋がらない事もしばしば。 . だから、イマイチ自信が無かったり、不安、悩みがある方にはお喜びいただける講座です😊 . #プロフィールurlよりコラムから講座に飛べます 下記urlコピペでもok #ペット手作りごはん #犬手作りご飯 #ペット食育 #おやばか #食は命 #ふわもこぶ ●http://alegriasdog.com/schedules/ペット食育入門講座/ ●http://alegriasdog.com/schedules/我が子の健康に繋がる口内ケア基礎講座/

tomoko.bjkさん(@alegrias_for_animal)がシェアした投稿 –

 

それともう一つ。

私の経験から大切にすると良いと思うこととして、

体の水分

体の異物量

体のめぐり

は、影響しているという事だけお伝えさせていただきますね。

もちろん、食事だけではどうにもならないこともあります。

 

 

でも、私自身は我が子の足腰にちょっとでも異常を見つけたら、上の3つを意識して、すぐさま足腰以外のケアに、いつも以上に熱を入れます。

 

 

 

過去、後ろ足が弱くなってきたな・・・・という我が愛犬に、

足腰にまつわる事や、元気が出る、

免疫力をあげる・・・

マッサージを・・・

鍼灸を・・・等のケアを頑張っていた時期がありますが、最終的には結果が伴わず、後悔した事があります。

 

しかし、これが必要ないという事でなく、他にも大切なことがあるのに知らなかった事に後悔しました。

 

だから、この視点は必要な人には共有したいなと思ったんです。

 

後ろ足に力が入らない状態から復活するのに、

足腰以外のケアをするのも必要という視点

 

もちろん、うちの子も高齢ですから、若い子みたいにはいきませんし、まだまだ勉強中です。

 

歳を重ねることで解決できない事だって出て来るかもしれません。

 

 

 

それでも、

風子の大好きな私の声(自分で言っちゃいました(⌒-⌒; ))が聞ける。

風子の大好きな家族の顔が見える。自力で歩行が出来る。

風子が大好きなご飯を、美味しい美味しいと喜んで食べれる。

風子がおしっことうんちがしたいときにできる。

 

そんな当たり前のことを、最期まで快適にさせてあげたい。

 

そう願っているから、

体の水分

体の異物量

体のめぐり

などを意識して、できることをやってあげたいと思う超親バカのわたくしです😌

 

 

ー随時予約受付中ー

●ペット食事個別相談(097-510-9423) 60分 8640〜

●トリミング・デイサービス・ホテル御利用のお客様にある10分間の無料相談
食事についての電話相談も賜ります (リンク先より、お申込みください。詳細は追ってご連絡いたします)
ワッセワッセと階段を登る風子さん。愛おしくなります。ずっと元気でいね。

Archive

2019年6月

  1. フワフワを守り隊

reserve&contact 097-510-9423 AM10:00→PM18:00
web shop