2016.10.15

ペットに手作り食でダイエット&太らせる方法

太らせたいとき・・・・・
痩せさせたいとき・・・・・

どう考えればいいのかな?という事をお話させていただきたいと思います☆

まず、食事で管理する方法として・・・・・

①量を調節する
②量でなく、食材でカロリーを調節する

というのがありますね♪量は全体量を増やしたり、減らしたりするわけですから、そんなに深く考える事なく行えると思います。人間だって、たくさん食べると太る、食べないと痩せるというのはあたりまえなのですから♪

そして、②ばんの、食材でカロリーを調節するという方法ですが、
これは少し食材を知る必要があります。

その食べ物は炭水化物なのか?たんぱく質なのか?

炭水化物は太り易いのか?そのお肉、油の量は多くない?

しっかり勉強して、ノンストレスでお腹が満たされるダイエット、させてあげたいですね^^☆

ちなみに、ちょっとだけワンポイントアドバイス

こんにゃくは炭水化物に属されますが、食物繊維が豊富なことからダイエットには適していると言われています。脂は高カロリーなので、脂身の少ないお魚などがダイエット向きのタンパク質になります。白ご飯は我が家の場合、5.4kgのじゅにの場合、一日大匙1 杯半程度です。(多い日もございます!)※これはあくまで我が家のじゅにの場合ですが、筋肉量を増やしたいので、炭水化物を減らし、タンパク質を増やして運動をしています。

そして、太らせたい時は量を増やす。カロリーを増やす。タンパク質量を増やす。
とにかく増やせばいいんですね♪

色々と体の事情があって、量が増やせないのにどんどん痩せてしまう。。。。。

このような病気が絡み、痩せていく場合は、単に食べ物の問題ではありませんので、かかりつけ獣医さんに相談をして下さい。そして、その痩せていく病気になってしまった原因に関しては、原因を探れる獣医師に相談をしてみてくださいね。

そして、詳しくは店頭にてお問い合わせいただくと、もう少し詳しくお話ができます♪
お話がゆっくりできないタイミングもございますので、ご了承下さい。

なんにせよ・・・・・
ダイエットには運動が一番です!!!笑
食事に併せて運動を行う事を忘れないようにしましょうね♪
※猫ちゃんはお散歩で運動をするというのが難しいので、食事の管理がとても大切になってきますね♪

  1. フワフワを守り隊

reserve&contact 097-510-9423 AM10:00→PM18:00
web shop